ミュージック漬け
ひさびさにライブに行く。
夜、街に出るのもひさしぶりである。
なんだか緊張。

カタログギフトをもらったので、
どれがいいかあれこれ考えました。
結局、ウクレレにしました。

ウクレレ。
私、楽器は得意じゃないんですけど。
ピアノ習ってましたけどね。

でも、なんか楽しそうなので、ウクレレにしました。
スポンサーサイト



2016-09-29 16:25 | 世界に発信してみたいなんでもないこと
いままで考えられなかったかもね
セクが揺らいでます。

結婚なんてまったく考えてなかったけど、
それもアリかな?とか思ったり。

つまり、お付き合いするのが男性でもイヤじゃないかも、と。

女性でもいいけど、だんだん観賞用となってきている気がする。

ま、なりゆきだね。
2016-09-27 16:04 | 世界に発信してみたいなんでもないこと
TOEICと体力
TOEICって、こんなにも疲れるものだっけ。
スコアが高い人って、英語の能力もそうだけど、
すばらしい集中力と体力をお持ちの方だと思います。
前回受験したのは4年以上前ですが、
ここまで疲れた記憶はありません。

どれだけ疲れたかって、
試験時間の最後の10分間くらい、
勝手に休憩時間にしてしまったほどです。

10分も余ったんだから、
ちゃんと問題文見てないし答えもテキトー、
なのでしょう。もうとにかく疲れてギブアップでした。

結果は一か月以内にわかります。
おそろしや。
2016-09-27 15:54 | 世界に発信してみたいなんでもないこと
頓服ねだり
最近、頓服を飲む回数が減った。
というか、いままでが飲み過ぎだった。
まだ効かない、まだ効かないって、連投しまくってた。

頓服を飲まなくて済むくらいの調子ってものある。
でも、過剰に頓服に頼らなくなったのは、
ステキ男性看護師のおかげです。

ナースステーションに行って、頓服薬をせびる私に、
「食後薬が効いてくるまで待ってみようね」
と言い、結果、頓服薬なしで安定したのです。

気持ちの問題で解決することがあるということも、
今回の入院から学びました。
お風呂は週二回だったのですが、
気分が落ち着かなくても、お風呂に入ってさっぱりしたら、
治ってしまったことがありました。

ステキ男性看護師は、私の中でアイドル化しました。
でも、彼と話すのがすごく苦手でした。
素敵な人だったんだけど……。
2016-09-26 20:24 | 世界に発信してみたいなんでもないこと
字を書きたいんだけど
ひさびさにちゃんと勉強した。

TOEICはあさってです。

学校の定期試験じゃあるまいし、
なにがいまさら勉強しただよって感じですが。

署名しなきゃいけないのがなー。
緊張するよ。
やらなきゃやらなきゃとは思うんだけど、
ペンを持つ前に緊張して結局あとで……となっている。

今は基本的に字は書けます。
もし学校に通ってたときに字書けなかったとしたら、
テストとかどうしてたんだろう。
いちいち口頭なんてむりだし。

仕事も字を書かなくて済むなんてないしね。
チェックマークとか数字を書くくらいしか
ペンを使わなくてよい仕事をしていたときはありましたが。
その職場で、
「(今ここで)タイムカードに名前を書け」
と言われたときには、
「人前で字を書くのが苦手なので……」
と言ったら「は?」というリアクションが返ってきました。
一般社会とはそんなものだ。
2016-09-23 18:36 | 世界に発信してみたいなんでもないこと
生涯所得と病気
病気にならなかったら大金持ちだったのに。
これは大袈裟な話でもないと思う。

病院代、薬代、それに伴う交通費など。
そして病気にならなければ稼げたはずだから、
「消えた所得」もある。
支出がある上に収入もないんだから、
これは大きな損失ですよ。

で、病気で得たものはというと?
挫折、でしょうか。

今、私はなにかと親から援助してもらっています。
年金がほしい。
2016-09-22 19:24 | 世界に発信してみたいなんでもないこと
遠ざかる友達
もう中学時代までの友達とは会うことはないだろう。

小学校のときから私とべったり一緒にいた子が、
「しばらく連絡とりあうのはやめよう」
と言った。
「お互い治療に専念しよう」
と。
私は自分の治療が終わるときがくるとは思ってないから、
もう会えないんだろうなと。

躁状態というのは本当に破壊力がある。
スーパー銭湯の支配人に文句を言ったり。
カラオケ店の責任者を呼び出したり。
そういう後腐れないのはいいけど、
いままで築いてきた友人関係の修復はむずかしい。
でも「それまでの人だった」ということかもしれない。
だけど、さびしいよね。

どんなに症状が悪化していても、
それも全部「私」なのだから、仕方ないよね。

「自分は器が小さいから無理」
と二名様から言われたよ。
一人に言われたならまだしも、
二人ならまたこちらの受け止め方も変わる。
ああ、そんなにも私ははみ出し者なのだなあ。

なーんて嘆いていても何も変わらないからね。
私は私の人生をまっとうするわ。
2016-09-22 19:12 | 世界に発信してみたいなんでもないこと
すっぴんで耐えたい
最近、化粧をしない。
おめかしして行く場所がないんだ。

しなくて済むなら、化粧はしたくない。
地元だったら、日焼け止めと口紅。
しかしそれすらサボるときもある。

何歳くらいまで化粧しないで耐えられるかってのも興味ある。
まだすっぴんでも大丈夫じゃね?
という過信もある。
そしてその恥ずかしい自信は、周囲にバレている。

よく「肌キレイだね」と言われるから、調子に乗っている。

でも、この「肌キレイ」というのがやっかいなのだ。
「(顔はそれほど整ってないけどね)」
という言葉が隠れているのだ。

私は化粧水すらテキトーです。最近買いました。
2016-09-22 16:39 | 世界に発信してみたいなんでもないこと
ケチらないとムリです
ふつうは一泊して帰ってくるようなところに、
日帰りで行って参りました。
翌日からぐったりして何もできませんでした。

そして薬の飲み方を誤って、これまたぐったり。
最近、夜の薬がものすごく面倒くさく感じて、
飲まないで寝ちゃうのが続きまして。
朝6時に夜の薬を飲んで、7時に朝の薬を飲むという、
どう考えてもアタマぼーっとしちゃうよねコースです。

TOEICが近づいておりますが、
いままで私はなにを学んだ気になっていたのだろうか。
さっぱりダメですよ。

本当にカネがなくて、カラオケに行くのもためらわれます。
なんか、やっちゃいけないことをやってる気がするんです。
年金ほしい。
2016-09-22 08:11 | 世界に発信してみたいなんでもないこと
走ってるだけ
ひさびさに小説読んだんだけど、
最近全然人と接してないということを思い知らされた。

小説もいいけど、私は想像力に欠けるから、
ちゃんと社交するほうがいいと思う。

飲みに行ってないもんな。
酒自体もあまり飲んでない。
おうちでひとりカクテルとかやってた時のほうが輝いていたのでは?
2016-09-14 20:20 | 世界に発信してみたいなんでもないこと
ひとりいたからいいじゃん
きのうからのマイブーム、「携帯メールを見返す」。

まあ、見ちゃいけないんだろうけどね。

でも「ああ自分これでいいじゃん」て思えたんだ。

「律と生きていくから死なない」
とか、ね。
「今となっては調子のよい発言」でも、
たったひとりだったかもしれないけど、
そういうこと言ってくれる人がいて、いっときでも一緒にいてくれて、
私はそれだけで十分だったのではないかと。

べつに未来を悲観しているわけじゃないけど、
十分だよ。
2016-09-12 17:58 | 世界に発信してみたいなんでもないこと
「所属」のないひと
私が報道で知る犯罪者は、
無職か、社会的地位が高いと言われる人、が多いと思う。

極端だからエンターテインメント性が高まるんだよね。

無職の身として言えば、無職の犯罪者ってのはわからんでもない。

それで、なんで無職の人が生まれるかって言ったら、
いろんな要因があるだろうからコレとは言えないけど、
無職の当事者が怠けてるってだけではないよね。
もし、私が「お前怠けてんじゃねーよ」って言われたら、
心の中では無視しますね。
実際のアクションとして、無視なんてなかなかそうもいきませんから、
「怠けててすみませーんあはは」
くらいでしょうか。
いや現実の私の場合は、
「誠に申し訳ございません」
とか言いかねないですね。

私が一番重要視しているのは、
「所属」ですね。肩書。職業。仲間。他。
所属のない人間は弱いです。

ま、私は最強ですけどね。
2016-09-12 17:45 | 世界に発信してみたいなんでもないこと
「仕事したいです」
仕事のこと、日常生活をおくる中で、
いちいち考えてる。

出かければ「働いている人」にたくさん会うじゃないですか。
それに自分を重ねてみる。

もう、全然、つとまる気がしないんだよね。

リサイクルショップみたいなところに行ったんだけど、
「○○さん、お願いがある、ちょっと来て」
と先輩サンが後輩サンに言ってた場面に遭遇して、
私ならそれだけで緊張してしまう、こわい……、
と自分を重ねてみて思った。

そんな状態で一般就労なんかできるかよ。

すごく気が進むわけじゃないけど、
今度から、作業所に行くことになると思う。

私は切実にお金がほしい。
働かないとどうにもならない。
事実、飲みに全然行ってないからね、最近。
それだけカネがないってことだ。
2016-09-10 14:42 | 世界に発信してみたいなんでもないこと
皇室ファン
首相は、「女性天皇」検討に否定的、らしい。

クミアイイン的に発言するのならば、
「や、もう、性別なんてグラデーションだし」
となる。

しかし「伝統だし」と主張する人もいる。
伝統ねえ。
中学時代の部活で、
「夏でも一年生は上下長ジャージで部活に来なきゃいけない」
という「伝統」があって、それにだれかが顧問の先生にクレームつけたら、
「それが伝統ならそうしなさい」と言った。

いやおかしいよね。
2016-09-08 15:47 | 世界に発信してみたいなんでもないこと
言及してみる
とある自治体に住む親戚に、中学生と小学生がいます。

私は驚くね。
勉強量が私の時と違いすぎる。
私は「音読」の宿題なんて、いっさいなかったよ。
算数の問題一緒にやってて、「これで宿題終わり!」
と私が思ったらまだもう1ページ宿題出されてたり。

学力が低いと嘆く自治体は、単純に宿題増やせば?

となると、「塾の勉強にさしつかえがある」
とかいう親がいるらしい。
なんだそれ。

センター試験の動きもよくわからない。
今の中二から新制度か。
客観性がないとどうしようもないと思う。
誰が採点するんだよ。
2016-09-08 15:32 | 世界に発信してみたいなんでもないこと
髪型自由
あまりに勉強がはかどらないので、
今日は図書館に行って勉強することにしました。

高校生のときには、
学校とか図書館とかで勉強する友達はいましたが、
私は家で勉強していました。

あのころは、時間のやりくりをとにかくギリギリやっていて、
家から学校や図書館への往復の時間を勉強にあてたいとか思ってた。

今日は、はかどったといえばはかどったけど、
なんか疲れたなあ。
勉強しかやることがない空間で、息抜きがうまくできない。

図書館への道のりで、工事をやっていたのですが、
誘導のおねーさんが、
それほとんどの職場でアウトでしょ!なカラーリングをしていて、
おお、こういう仕事も髪型自由か!と感心した。

髪型自由の職場=コールセンター、としか思いついていなかった。
2016-09-07 16:58 | 世界に発信してみたいなんでもないこと
大事だからこそ?嫌い
ひさしぶりに落ち込み状態寄りの体調である。
でも、病的なものかといったら、そうでもないかもね。
原因はっきりしてるし。

私にとって、きょうだいはストレスでしかない気がしてきた。
2016-09-06 19:37 | 世界に発信してみたいなんでもないこと
私のモノサシ
たとえばカウンセリングを受けていたとして、
いろんな道しるべは提示してもらえるものの、
結局それ生きるの自分だよね、
ということに私は絶望していた。

相談にはのってくれるけど、
自分の人生、自分しか生きる人がいないんだから、
「臨床心理士さんがなんとかしてくれる」
という錯覚におちいるのがとても嫌で、
私は関係をやめた。

週一で45分カウンセリングしてくれるんだから、
かなりいいほうだったと思うけどね。
ガッコーだからタダだったしね。
学費かかってるけど。

私だって、たまには逃げていいよね。

どんどんプライドがさがって、
どんどんいろんなことをあきらめている。

それは、どんどんできないことが多くなってきてるから。
なんでだろう。
なんで悪い方向にいくのだろう。

いいとこどりで、いまは生きていたい。
ぜんぶ直視なんてできないよ。
抱えきれない。
いまは、たのしいことだけして生きていたい。
そういう、自分の人生を「かわす」スキルを得たんだから。
いままで、ぜんぶ見すぎてきたと思う。
ぜんぶ何とかしようと思っていたと思う。
だから死にたくなったり消えたくなったりしたんだよ。

はっきり言って、今の私は、なにひとつうまくいってないよ。
「社会」「世間」「一般」のモノサシでは。

でも、「私の中」のみで考えると、わりと順調なんだよね。

楽だよ。あきらめ、開き直りの境地だよ。
2016-09-05 13:38 | 世界に発信してみたいなんでもないこと
「あたりまえ」への帰宅
退院後、ひさしぶりにスマホを触ったら、
驚きをともなうほどの違和感をおぼえました。

自分の部屋もこんな小さかったっけ、とか思いました。

のんきに過ごしていますが、
のんきなりに、いろいろ予定もあるのです。

TOEIC受けますが、勉強ははかどらず。

マラソン大会に出ますが、練習ははかどらず。

結婚式に行きますが、ドレス入るかな?という感じ。
2016-09-04 17:54 | 世界に発信してみたいなんでもないこと
09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--