脚から血の気が引く
現実とか自分の存在とか、考えるの、怖い。
感覚としてね。哲学的な話じゃないです。
スポンサーサイト



2016-02-24 19:39 | 世界に発信してみたいなんでもないこと
ここはのんきなんだ
会わなくなった人のことを思いだして好きとか気になるとか、
そんなことなかったんだけど。

好きな人で会うことがなくなった人とか特に。
だって、好きなのに会えないとか、つらいじゃん。
それなら好きになるのやめる。
「やめる」って意思というより自動的にそうなる。
ただの忘却?

モノにしたい!と思ってなりふり構わず突っ走ってみたい。
なのに実際なにもアクション起こしてない。
2016-02-23 16:58 | 世界に発信してみたいなんでもないこと
地盤は嫌われ者
基本的に私は誰にも好かれない人間だと思っている。
自分を大切に思ってくれている人がいるのはわかってる。
なのにそれを実感しない。その事実を忘れる。

これは申し訳ないことだとは思う。
でも、幼いころから仲間はずれや無視などにあってきて、
「自分は嫌われ者という事実が基本」というのが頭にあるのだと思う。

人間関係がうまく構築できてこれなかったのは、病気のせいもあるのかな。
でもさー、なにかのせいにしても、なにも生まれないしね。
2016-02-23 16:47 | 世界に発信してみたいなんでもないこと
それこそ尊重
差別意識とか偏見がないなら、
「生理的に無理」ってあっていいと思うんだけどなあ。
無邪気な態度とられると困るけど。

逆に「生理的に無理」ってのがあるから、
差別や偏見がなくならないんだろうね。
2016-02-21 18:43 | 世界に発信してみたいなんでもないこと
お昼はクレープ
なんだか今日はひさびさに具合が悪い。
不安感がある。薬飲んでも消えなくて。
さっきもう一錠薬飲んだら結構よくなったけど。

せっかくの連休だから、飲みに行きたいけど、
楽しくおしゃべりできる状態ではないな。

唐突に思い立って、クレープを作ってみました。
自分で食べる分には普通の出来でした。
料理苦手だから、ムダに時間かかったけど。

料理苦手っていうか、経験が足りないんだろうね。
仕事終わって家に帰れば晩御飯が待ってるからね。
自分で料理しようと思ったら、残りものが冷蔵庫にあって、
先にそっち食べちゃうからね。

料理って本当に見るのとやるのでは大違いだな。
2016-02-15 15:44 | 世界に発信してみたいなんでもないこと
値踏みする女たち
先日、女性専用の温浴施設に行ってきた。

なんか、気どってるよね。
女子が好きそうなものを揃えたみたいな。
若い子多くて、なんかじろじろ見てくるし。
すっぴんの女の査定されてる感じ。

私にはなんだか疲れる空間だったな。
オバサンばっかないつも行く温泉のほうがよい。
2016-02-10 06:05 | 世界に発信してみたいなんでもないこと
確かな風の便り
ちょっと前の話で、書いたかも知れないんだけど、
前の職場の上司とばったり会ったのだ。
で、その人辞めたって。
しかも、私のときめいていた上司ももういないって。
「もういない」って言ってたのをつっこまなかったからわからないんだけど、
異動になったのか、会社を辞めたのか……。

ときめき上司、とは、私が去年「あーさん」と名付けた人です。
惚れてからその感情の波はかなりアップダウンしていますが、
今アップ状態です。
連絡先知りたすぎる。

出会い求めてないの?とか言われるけどさ。
リアルで知り合いたいよ。

あーさんね。
ちょっと私の行動が遅かったね。
でも連絡先教えてなんて言えなかったよ。
上司との関係が薄かったからね。
チーム組んでやるとかじゃなかったから。

どうしよう。もどかしすぎる。
2016-02-08 19:25 | 世界に発信してみたいなんでもないこと
おやおや別れ話?
街中で、歩きながら電話をしていて、
かつ泣きながら話をしている女の子がいた。

「あたしはどうなるのお」
と聞きとれた。

なりふり構わないというか、なんというか、
歩きながら電話しなくていいし、
泣くなら人目につかないところで泣けばいいし。
でもまあタイミングというものがあるからね。
それが彼女のタイミングだったのかもね。
2016-02-03 22:28 | 世界に発信してみたいなんでもないこと
02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--