その前にやることあるよね
近々、友達の結婚式があるんですよ。

初めて結婚式に行ったときは、
美容院で髪をセットしてもらったのですが、
私の当時の日給程度お金がかかってしまったので、
今回は自分でやろーと思ってます。

あれこれ研究してますが、どうも素人くさい。
もうちょっと練習しないとだめですね。

髪をいじってるのは大いに結構でしょうが、
招待状がきたのにハガキをまだ返信してません。

もちろん期日までには送らなければなりませんので、
私の基本姿勢でいつでも見えるところに置いているのですが、
なんか、気が進まない。
つーか心が痛む。

なぜなら、結婚した友達は、中学の時に同じクラスだった人だからです。
これじゃわからないと思うので、もうちょっと言うと、
前付き合ってた人も出席する予定だからです。
つまり、共通の友人ということですね。

共通の友人、と言っても、前の人は、結婚した子とかなり親しく、
スピーチ頼まれても仕方ないんじゃないかってくらいです。

このまま、なにも言わなかったら、私たちは隣の席にされると思います。
向こうも会うの嫌がってます。

しかし、そんなつまらんこと言ってるのは、自分でもどうかと思います。

元カノに会いにいくのではない、友達を祝福するために行くのですよ。
友達の晴れ姿をみて、しあわせになってね、ってことで行くのです。

それでもつまらんことに気をとられてしまうな。
ハガキ書く気がどうにも起きない。
スポンサーサイト



2015-08-04 13:53 | 世界に発信してみたいなんでもないこと
ほほほほん
とりあえず、人の話はちゃんと聞こう、と思いました。

そんなの小学生が言われることかも知れませんね。

正確にいうと、「人の話は最後までひととおり聞こう」
です。

私、小説じゃない本を選ぶとき、だいたい、「はじめに」を読んで
「これオーケー、これアウト」って決めてます。
本は買うことはめったになく、もっぱら図書館の本を借りてるので、
その決め方でハズレだったらそれはそれでいいや、って思ってます。

で、その方式からもれて、タイトルだけで借りようと決めた本があったのです。
読み始めてすぐに、「何言ってんのコイツ」となってしまったのですが、
ガマンして読み進めると、
「これは正しいこと言ってるな。それどころかなんか励みになっちゃう」
となったので、「最後まで話を聞こう」と思いました。

本はえーごのテキストを毎月買うだけで、
しかも一万円の図書カードをもらってそれで買っているので、
私はそれについてはお金に困りません。

テキスト買ってラジオ聞くのは4年目に突入です。
ほぼもれなく放送聞いてます。
なんで続けられるかと考えてみますと、
単純に「えーご好きだから」でしょうね。
続けている割には力がついていませんが。

本当に、大学で語学やればよかったのに。
語学は高校までで結構かじれちゃうんで、
知らない世界に飛び込みたかったのでしょう。
私は好きな道ひとすじに行ったほうがよいようですね。
2015-08-04 13:24 | 世界に発信してみたいなんでもないこと
08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--