7月15日
不安が止まらなくて止まらなくて、
もう降参だったのですが。

今日は大佑の命日です。
もうあれから4年か……。

あらゆる人の追悼コメントを見返して、
泣いてたら、不安が止まっちゃった。

本当にみんなに愛されていた人ですね。

少しゆっくり眠りたかっただけだよね。

二度と目が覚めないことなんて、望んでなかったよね。

だめだ、涙がでちゃう。
スポンサーサイト



2014-07-15 17:40 | 大佑
あれから一年
大佑、一周忌ですね。

私は今も彼を思い出して涙がでることがあります。

苦しみのない世界で、安らかにあってほしいです。

風邪継続中、しかもやられているのがのどというのに、
カラオケで彼の曲を歌ってきました。
涙がでました。

大佑と黒の隠者達と、the studsを歌い終わったころには
もうのどが限界だったので、それで私の大佑を偲ぶ会は終わりました。

家のなかでランニングを始めたのですが、
BGMに漆黒の光を流しました。

もう二度と大佑には会えないけれど、
私の心の片隅に、ずっと彼は住み続けることでしょう。

どうか、安らかに。
2011-07-15 19:29 | 大佑
酔った頭で主張
今日はネサフしてー、読書してー、就活の時にもらった資料を捨てようと整理していたところ、
「今、誰と誰が、どこそこに集まって飲んでいる。来ない?」と連絡が。
チャンスを逃さないわたくし、行って参りました。
自分は汗くさかったので、シャワー浴びてから行きました。

で、今、完全に酔ってて、寝てしまいたいんですが、どうしても言いたいことが。

高校の友達の集まりだったんですが、それに行く時に、
「大佑と黒の隠者達」の曲を聴いていたんです。

で、改めて、
「なんで大佑、死んじゃったの!」って思ったんです。

私は、死にたいと何度もこのブログで言いました。

だからこそ、ってわけじゃないけど、思うんです。

この世に生きている人すべて、死んでもいい理由なんて、ひとつもないから。

悩んでても、苦しくても、絶望してても、
死に値する理由なんて、絶対ないから。
そんなの、存在しないから。

死んでいい理由なんて、一つも有りはしないから。

どんなに死にたくたって、消えたくたって、
生きなきゃだめなんだから。
「死」なんて選択肢、誰にもないから。

死んじゃだめなんだよ。
死なないでほしかったよ。
なんで死んだんだよ。
私が生きてって頼んでも、あなたには届きはしなかった。
でも、あなたの近くの人だってあなたに生きて欲しかったはずだよ。
なんで死んだの。こんなにいい曲書けるのに。
もっと新しい曲聴きたかった。
ツアーでも組んでもらって、あなたにまた会いたかった。
この曲の続きは、もう永遠にないの?
シングル二つ出して、アルバムは出ないの?
なんで死んだの。なんで死んだのよ。
求めても、永久に何も出てこないじゃない。

生きるのは苦しい、辛い。
でも、本当に?
本当に、それだけ?

生きるの、楽しくない?

あなたが永遠の眠りについた今、
「お疲れ様、ゆっくりお休み」としか、言いようがない。

私が、涙流しながらこれ書いているのは、事実だよ。
2010-08-13 00:49 | 大佑
自分と似ている憧れ
公務員を目指そうかなーと思っていますが、
いまいち決心がつかないというか……。
予備校にポンと数十万払う勇気が出ません。

大体、塾や予備校のたぐいが嫌いなんだ、私。
勉強を商売にするところが。
まあ学問やるわけじゃないから、それは悪いことじゃないんだけど。
売ってるのは、テクニックでしょ?通ったことないからわからんのだけどさ。
予備校のスタッフの言う事、特に都合のよい事を言ってる部分は、
全部疑ってしまいます。信じたいのに疑うのは疲れます。


最近は、本を読みまくってます。
何を読んでるのかは、興味があれば、リンクはってある本棚からどうぞ。


今日はジャンプ観戦から戻ったら、インターハイの陸上を見ました。
応援すべき人がなかなか見つからず、漫然と見ていました。
リレーで、ものすごい脚の回転をしている人が一人いたのですが、
どこのだれだかわかりません。
あんな動かせたらそりゃあ速く走れるわな。


フールズ買いました。
大佑へのお悔やみの言葉を読んで鳥肌が立ちました。
やっぱり、亡くなったのは本当のことなんだと思って。
まだ本当のことだと認識していない自分がいます。

自殺だったなんて信じない、みたいなこと前に書きましたが、
追悼の言葉を述べるみんな、自殺だったという解釈で発言してますよね。
やっぱりそうだと認めなきゃだめみたいです。

劣等感、嫉妬……そんな感情を持ちながらも、
自分は優れた何を持っていると信じている。

「人気」なんて、関係ないよ。そんなの、ものさしにならないよ。
大切なのは、あなたを認める人の数なんかじゃなくて、その深さ。

私も、人にはそう言えるんだけどなー。
2010-07-31 23:10 | 大佑
泣く場所もない
私が今、悲しいと思っていることは。

・大佑が亡くなったこと
・就活がうまくいかなかったこと
・胸の治りが遅いこと

いつのまにか、大佑ソロのオフィにアップされてた、「追悼コメント」。
母がゴミ出しに行っている間に読んで、声を出して泣きました。

内定をもらえなかったことは、私がそれに向き合おうとしていないので、
別に泣いたりしなかったのですが。昨日就職課の人と話しているうちに、
その事実に向き合わざるを得なくなり、泣いてしまいました。
私、昔受けてたカウンセリングですら、一度も泣いたことなかったのに。
精神科の診察室でも、一度も泣いたことないのに。

胸を治すために「もうしばらく」病院に通わなきゃいけないらしいです。
二日にいっぺん。私、だまされてるのかなあ?私が暇人だから、こんな治療なのかなあ?
もっと早く治す方法ないの?薬でもなんでも飲むよ。


私の大学生活は何かに妨害されてばっかり。
普通に大学生活楽しんで、普通に単位とって、普通に就職決めて卒業して、
今働いてる友達が妬ましい。

最近、二人の友達とメールしたんですけど、
「友達、嫌い。みんな、嫌いです。」って感じです。
メール返しません。


昨日、唯一好きな友達と飲みました。
わがまま言って、長時間付き合ってもらいました。
どうもありがとう。


私が、我が子のように可愛がっている親戚に、手紙を書きました。
お姉ちゃんね、夏休みもそっちに行けそうにないの。
ごめんね。
2010-07-29 17:18 | 大佑
すぐに決め付けるクセです
「大佑の献花式には行きません」と、声高に(ってわけじゃないけど)
宣言しましたが、やっぱり行けたら行きます。
北陽のトークライブについでに行くことにする。
いや、ついでと言っては悪いけど、
やっぱり献花式だけのためだけに行くのはもったいないんだよねー……。
北陽のは前から行ってみたかったのも本当だしね。

でも、二泊しなきゃいけないな。あああ。
二日目は何して過ごせばいいんだろう。

「嫌」を聴きました。
本当に、もったいない。
これからも、もっと新しい作品を聴きたかった。
カップリング「愚の消滅」は、歌詞カード見て聴いたら、泣いてしまいました。

ああ。泣いてばかり。
2010-07-24 13:10 | 大佑
今日書くのは私の行動のみ
買い物やらCDレンタルやらして一日が過ぎた。
あと、テレビで高校野球観戦。

今日のあさイチにベッキーが出てただけで、
ベッキーのライブに行く決意をした私。



やっとSHOXXと大佑と黒の隠者達の「嫌」を手に入れました。

ROCK AND READの大佑の二万字インタビューも編集長のブログで読みました。

献花式に行ったら、何か変わるかな?
私は、行かないよ。

2010-07-23 17:49 | 大佑
忘れたい 忘れたくない
忘れてしまいたいけど、忘れてしまったら、
本当になくすことになる。
だから、辛くても苦しくても、このことは忘れない。
忘れたら、楽になれるかも知れないけど、
私は忘れないで生きていく。
本当に、大佑が大切だから。

あー……
今度の面接はほぼ本命の企業なんだよね。
がんばらなあかんけど、手につきませんなー。

残るハイボール一缶は、私のものになりました~。
2010-07-18 21:28 | 大佑
初めてのハイボール
親が、ハイボールを買ってきた。
おいしいね、ハイボール。
いいね、ウイスキー。
私、酒好きに生まれてよかったと思う。
人生の楽しみ増えた。

やっぱり、体調とか精神状態によって、酔い方は変わるよね。

大した量飲まないせいか、家で飲むときは酔わないんだけど、
最近は酔うねー。

冷静に三つほど記事書いたけどさ。
大佑が亡くなって、私は本当に悲しいよ。

大佑は、もう骨になっちゃったのかな。そうだろうな。

私、ある亡くなった人の骨を拾ってる場面を断片的に覚えてるんだけど、
あれは私が小一のときだったな。
その前に、空に向かって煙がのぼっていく様子を見て、
涙してる人の姿も覚えている。

どっちの場面も、一瞬の写真のようにしか思い出せないんだけど、
覚えているのは確かなんだよね。

私は、本当に悲しいよ。

ハイボール、もう一缶飲みたい。
2010-07-17 21:21 | 大佑
「ファン」の対象の消滅―大佑逝去に寄せて―
昨日のブログを書いたあと、夕飯を食べたんですが、
食べてる最中から脱力感のような疲労感のようなものに襲われ、
薬飲んですぐ寝ました。

今日になって、the studsのライブ映像を見ました。
大佑の姿見て、思考停止。昼ご飯を食べる手も、動きストップ。
そのあとに、涙だけ出た。
この人、もういないんだ。
でも、この人、動いてるよ?歌ってるよ?

私は、音楽やってる人、芸能人、スポーツ選手など、数多くの人のファンになって、
それぞれの人から元気をもらったり、それぞれの人を応援して、
それぞれの人を好きだと思い、大切に思っています。

確かに、それらの人々は、この世に存在する人だけど、手の届かない人です。
手の届かない、というのは、
私が一方的に好きになるけれど、応えてはくれない、ということです。
でも、それでいいのです。ただのファンだから。
ただのファンだから、ただ楽しいだけで、好き勝手に好きになって、
自分の中で大切にできます。
悪い言い方だと、モノを愛しく思い大事にしているだけです。
応えてはくれないけど、離れてはいかない。
だから、モノ。

でも、やっぱり、「モノ」なんかじゃなかった。
相手は人間だった。
大佑も人間だった。
人間はいつか絶対死ぬ。
大佑は、死んで、私から離れていった。
もう、過去にしか大佑はいない。
現在も未来も大佑はいない。
私の大切な「モノ」だったはずなのに。

人をモノ扱いしていた、というふうに理解されたら、
それはちょっと誤解かもしれません。
私の「現実世界」と「モノ」の間に大佑は居たんです。
限りなく、「現実世界」に近く、
限りなく、「モノ」に近い。
よって、どちらからも限りなく遠い。

よくわからなくなりましたが、
「ファン」の対象が死んでも、「ファン」で居続けることはできるんでしょうが、
「ファン」の対象もいつかいなくなってしまう、
ということを実感しました。


大佑、ありがとう。
私は、あなたに、たくさん励ましてもらったよ。
あなたが大好きだったよ。
私も、あなたのこと、ファンとして、愛してたよ。
本当にありがとう。
2010-07-17 18:10 | 大佑
<Prev
05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--